by

デバイス間の”直接通信”を可能にして、IoT時代を支援する「KAMOME IoT Connect」

IoT最新情報

SUMMARY

  • 「KAMOME IoT Connect」は、インターネット経由でデバイス間の”直接通信”を可能にする
  • 「KAMOME IoT Connect」は、デバイス間の接続が確立した後は、センター側の負担を軽減する”直接通信”を可能にする
  • 「KAMOME IoT Connect」は、センター側に、秒間10万件以上の処理にも対応可能な分散KVSエンジンを採用

 

 

モノとインターネットがつながり、膨大なデータ通信が可能となるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)、M2M(Machine to Machine:機器間通信)時代を支援するソリューションをご紹介します。

 

デバイス間の”直接通信”を可能にするかもめのIoTソリューション、「KAMOME IoT Connect」

 

かもめエンジニアリングの「KAMOME IoT Connect」は、デバイス間の”直接通信”を可能にするこのソリューションです。

外出先のスマートフォンやパソコンから、自宅の端末にインターネット経由で接続することが可能となり、独自の技術により、マンション契約や多段階ルータ環境などこれまで接続が難しかった環境にも対応します。

「KAMOME IoT Connect」は、IoTネットワークで起こりうる次のような課題を解決します。

-接続できる回線が限定される

特定モバイルキャリアの通信回線しか利用できない場合、通信コストが増大する。

3GやLTEなどのキャリア回線にしばられることなく、インターネット経由でデバイス間の”直接通信”を可能にします!

-システムの負担が増大する

全ての通信がセンターを介して行われ、デバイス間で直接通信ができない場合、システムや帯域の負担が増大してしまう。

デバイス間の接続が確立した後は、センター側の負担を軽減する”直接通信”を可能にします!

そのほか「KAMOME IoT Connect」には、次のような特長があります。

 

 

【「KAMOME IoT Connect」の特長】 インターネットに接続する回線があれば使用可能

 

-freeWiFiなどの回線も使用でき、通信コスト軽減

-利用シーンを拡大させ、サービスの質の向上を支援

 

 

【「KAMOME IoT Connect」の特長】 センターが仲介するのは最初の接続のみ。あとは機器どうしが直接通信可能

 

-センターの帯域確保のコスト軽減

-センターに通信データが残らず、事業リスク軽減

・センター側に、拡張性に優れ秒間10万件以上の処理にも対応可能な独自技術の分散KVSエンジン「KFEP」(ケイフェップ)を採用。

 

 

【「KAMOME IoT Connect」の特長】独自の TCP over UDP(ToU)技術を採用

 

-UDPのつながりやすさ接続性が大きく向上

-TCPの汎用性 ※HTTPに限定されず多様な通信に利用可能

IoT最新情報

IoT最新情報

 

「KAMOME IoT Connect」の導入実績にこちらをご参照ください。

『アイ・オー・データ機器の通信経路確保システムに、かもめのIoT接続基盤「KAMOME IoT Connect」が採用』

http://kfep.jp/pressrelease-2014-12-11-1524

IoT についてご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

 

「KAMOME IoT Connect」についてはこちらへ

かもめのIoT接続基盤についてもっと知りたい方は、こちらへ